HOME >  美味しい杜仲茶ガイドブック >  濃い杜仲茶(小林製薬)

濃い杜仲茶(小林製薬)

  • 商品名:濃い杜仲茶
  • 販売会社:小林製薬
  • 容量/価格:90g(3g×30袋)/1,600円
  • 1リットルあたりの価格:53円

小林製薬の杜仲茶は特許製法でゲニポシド酸を50mg含有

小林製薬「濃い杜仲茶」パッケージ濃い杜仲茶は、CMなどでもおなじみの小林製薬の杜仲茶です。

小林製薬は、以前から杜仲茶の健康効果に着目しており、独自の研究レポートも発表しています。

健康効果に高い関心を持つ製薬会社ならではの姿勢が感じられます。

こちらの会社の茶葉は杜仲の原産地である中国四川省で作られています。社員の方が収穫方法、製造方法の品質管理を現地で直接指導し、品質の保持などに努めているようです。

また工場は、小林製薬の杜仲茶だけを生産する専門の工場を構えて加工をしているとのことで、その点は安心できると感じました。

「濃い杜仲茶」飲んでみました

濃い杜仲茶の感想

小林製薬「濃い杜仲茶」煎れてみました。濃い杜仲茶は、小袋に分かれたお茶パック形式を採用しています。これを沸騰した湯1〜1.5リットルに入れ、5〜10分弱火で煮出します。

今回は1リットルを10分煮出しましたが、作り方には「目的をお持ちの方(ダイエットなどのこと?)は、2袋で濃いめにしても」とありました。

 

小林製薬「濃い杜仲茶」の茶葉飲んでみると、昔から飲んでいた杜仲茶の味と香りがします。京番茶にも似た枯れ草のようなにおいと渋みがあり、いわゆる「杜仲茶のクセ」があります。

けれども、その分「確かに効くのかも」という気にもなりました。夫も「杜仲茶っぽいね」と少し渋みが気になる様子です。

パックを取り出して中身を調べてみると、キレイに均一な茶色の茶葉が出てきました。においは枯れ草のような香りがほんのりとします。 

「濃い杜仲茶」みんなの口コミ

  • たまたま試飲できる機会がありましたが、意外にもお茶みたいに飲みやすい。しかも中性脂肪、高血圧の人にいいらしいですね。
  • 杜仲茶って少し甘い感じが当初は好きになれませんでした。 でも、これは紅茶と同じ感覚で飲めるようになり慣れると快調になりました。