HOME >  美味しい杜仲茶ガイドブック >  美味しさで選ぶ杜仲茶ランキング

美味しさで選ぶ杜仲茶ランキング

ここでは、種類の杜仲茶をおすすめ順にランキングしました。

味と価格、安全性で選んだ杜仲茶ランキング!

杜仲茶の効能を感じるため、長く飲み続けられる3つのポイント「価格・味・安全性」で比べています。

  • 価格

    1箱分の価格と一緒に、1リットルあたりの単価も計算してみました。

  • 美味しさ

    美味しくなければ、続けられません!

  • 原産地

    毎日飲むものですから、国産であることにコダワリました。

個人の感想も入っていますが、できるだけ客観的に見るようにしました。

商品選びの参考にしていただければ幸いです。

第1位 日本の杜仲茶(健康応園)

オススメです http://www.hp-als.jp/

日本の杜仲茶入れてみました

価格 180g(3g×60袋)/1,950円(送料無料) ※1リットルあたり32.5円
美味しさ ほのかな甘味とフレッシュさを感じるふんわりとした杜仲茶の香り。

冷やしてもホントに美味しい、しみじみと旨味のある味わいです。

後味がさっぱりしているので、食事中やスポーツの後に飲むと良いかも。

原産地 契約農家で作られた国産杜仲の葉を100%使用。安心して飲むことができます。
コメント さすがは杜仲茶20年の実績!と思える質の高さ。「日本の」とうたっている通り、国産100%なのも嬉しいです。

独自の低温長時間発酵のおかげか、他の製品に比べて深い味わいを感じることができました。

味わいすっきり、長く続けられるので、効果・効果も期待できる、堂々の1位です。

第2位 因島杜仲茶(セカンドグリッド)

http://www.secondgrid.jp/

因島杜仲茶入れてみました。

価格 150g(5g×30袋)/2,100円 ※1リットルあたり46.7円
美味しさ 杜仲茶の中でも甘さを強く感じることができます。

まったりとした口当たりは女性や子どもにも人気が高そう。

少し薄味ですので、濃いめに入れるのがおすすめの飲み方です。

原産地 国産杜仲の葉100%使用。

広島県因島産にこだわりあり。

コメント 広島県因島産の、健康効果が高くなると言われる夏に収穫した杜仲の葉のみを使用して作られたお茶です。

瀬戸内の海が育んだ杜仲は甘味を多く含んだ仕上がりになっています。

限定生産のため、売り切れると翌年まで入手不可で、そのため若干高額なのが残念です。

第3位 杜仲葉茶(串木野杜仲茶園)

http://www.geocities.jp/tochuchaen/

串木野杜仲茶園の杜仲茶いれてみました。

価格 100g(茶葉タイプ)/1,200円 ※1リットルあたり40円(煮出した場合)
美味しさ 少し薄味ですが、クセのないさっぱりとした味わいなので、杜仲茶嫌いの人にオススメです。

茶葉を煮出して濃いめに作るとより美味しくなる。

原産地 国産杜仲の葉100%使用。

鹿児島県いちき串木野産にこだわっています。

コメント 鹿児島県で自社がもつ杜仲の山林で収穫した茶葉を使用。

山で作った杜仲茶葉は、畑で作るよりも手間がかかる分、渋みが少なく味わいが甘くし上がるのだとか。その真摯な対応に好感が持てます。

手軽なティーバックタイプもあり、こちらは70gで1,000円(1リットル71円)

第4位 国産杜仲茶(ほんぢ園)

http://www.honjien.co.jp/

ほんぢ園の杜仲茶いれてみました。

価格 200g(茶葉タイプ)/1,400円(送料無料) ※1リットルあたり14円
美味しさ 急須で入れられる手軽なタイプの杜仲茶ですが、他の杜仲茶に比べると味がかなり薄め。

少し茶葉を多くしたり、煮出しを試してみても良いかもしれません。

原産地 国産杜仲の葉100%使用。

高温加熱殺菌で安全性を高めています。

コメント 岡山県の日本茶専門店が贈る国産杜仲茶。

大きめに砕いた茶葉はスッキリ爽やかな仕上がりです。

同様の商品のティーバッグタイプは60g(5g×12袋)1,000円〜で、こちらは濃く黒いお茶になるのだそうです。

好みに合わせて選んでみてくださいね。

第5位 濃い杜仲茶(小林製薬)

http://www.kobayashi.co.jp/

小林製薬「濃い杜仲茶」入れてみました。

価格 90g(3g×30袋)/1,600円(送料無料) ※1リットルあたり53円
美味しさ 杜仲茶らしい草のような香りと、渋みのあとに若干の甘味が残ります。

甘さが気になる人や、健康茶らしい杜仲茶を飲みたい人に。

原産地 中国産。ただし、自社で徹底管理し、品質向上と維持に努めています。
コメント 製薬会社の小林製薬が作る「濃い」杜仲茶。渋みや香りは中国産ならでは。

「濃い」をうたっているだけに、少々値段も高めなのが残念ですが、きちんと品質管理をしている姿勢には好感が持てます。

第6位 杜仲茶100%(山本漢方)

http://www.kanpo-yamamoto.com/

山本漢方の杜仲茶100%を入れてみました。

価格 90g(3g×30袋)/1,600円 ※1リットルあたり53円
美味しさ 煎じ薬のような苦味と渋み、若干のえぐみがあり、甘さは感じませんでした。少々薄めて飲んでも。

昔ながらの杜仲茶の味わいが好きな方に。

原産地 中国産です。
コメント ドラッグストアなどで入手でき、手に入りやすさはNO.1!

健康茶の定番メーカー山本漢方の商品で中国産とのみ表記されています。

「苦い=効いてる!」という実感を持ちたい人向けのお茶です。

まろやかさっぱり「日本の杜仲茶」が美味しさNo, 1!

さまざまな角度から検証した結果、No,1は「日本の杜仲茶」に決定しました。日本の杜仲茶はご飯ともおやつとも合う美味しいお茶です。

選んだ一番のポイントはなんと言っても美味しさ。

杜仲茶の香りや佇まいは確かにあるのに、「ナゼかおいしい!」という、これまでの「杜仲茶=渋い」というイメージを払拭してくれる味わいに、飲んでみた私たちもびっくりでした。

ほんのりとした香ばしさとグリーンのフレッシュさは、茶葉そのものの質の高さだけでなく、焙煎の良さを感じさせます。

「健康茶だから飲む」のではなく、「美味しいから飲む」のですから、長く続けられると感じます。

また、杜仲茶はアイスにした時に泥臭さやえぐみのようなものが出てしまうことがあるのですが、この商品は全くそれがなかったのも大きなポイントです。

氷を入れたアイスだけでなく、「ちょっと温め」「常温」といった煮出し汲み置きタイプのお茶にありがちなさまざまな状況でも、美味しく飲むことができました。

気になる値段も、1リットル31.5円と非常に優秀な価格という結果に。他の製品に比べても大きなコストパフォーマンスがあります。ガス代(または電気代)などを考慮しても、ペットボトルのお茶に比べてかなり割安と言えそうです。

ヒトの身体は1日2リットルの水分が必要とのことですので、そのうちの1リットルをこの「日本の杜仲茶」にすれば、美味しく、健康な毎日が送れそうです。

最後に安全性。こちらは提携農家でつくられた国産の杜仲茶が100%使用されています。

杜仲茶作りでこれまで20年の実績があり、またさまざまな健康茶のヒット作を生み出している「健康応園」の商品。安心して子どもから高齢の方まで家族皆で飲むことができそうです。

≪詳しくは「健康応園」のホームページで確認してくださいね≫