HOME >  杜仲茶の効果・効能をリサーチ >  副作用の心配は?

副作用の心配は?

ノンカフェイン飲料である杜仲茶の副作用の可能性について紹介します。

杜仲茶は副作用のないノンカフェインの安全飲料

お茶、という名前がついていますが、杜仲茶にはカフェインが含まれていません

そのため、子供や妊婦さん、高齢の方や体調を崩した時など、誰でも気軽に飲むことができます

カフェインには覚醒作用があり、眠気や倦怠感の解消に効果があるとされていますが、一方で、不眠や胃もたれなどの副作用もあります。

杜仲茶は、これらの副作用はなく、その上血管拡張作用で身体を浄化させるため、健康的にすっきりとした気分を保つことができます。

杜仲茶には精神をリラックスさせる効果もあります。緊張を解きほぐしてほっとしたい時にはぴったり。もちろんノンカフェインですので、眠る前にも飲むことができます

ただし、杜仲茶の利尿作用が強く出るような人の場合は、夜中にトイレで目が覚めることを防ぐため、少し控えめにしておいた方が良さそうです。

ノンカフェインなので安心して飲めますね。

豊富なカリウムを含むので、腎臓トラブルがある場合は注意を

さまざまな方にたくさんの健康効果をもたらす杜仲茶ですが、摂取を注意しなければならない人もいます。

たとえば、腎臓病のようにカリウムの摂取を制限されている方です。

杜仲茶には、カリウム、カルシウム、マグネシウム、各種ミネラル成分、ビタミン類など豊富な成分がたっぷりと含まれています。

そのため、大量に飲んでいるとカリウムなどの微量成分も多く採ることとなり、食事制限をオーバーしてしまうことにつながるのです。

また、杜仲茶には鉄分も含まれています。C型慢性肝炎で鉄分制限食をされている方もいらっしゃるようですので、こちらも注意が必要です。